黒田武稔のプロフィールについて

こんにちは、動物とマラソンをこよなく愛する黒田武稔です(笑)。

太田川

私は現在広島に在住しており、太田川という一級河川の河川敷にあるランニングコースを、毎日10km程走り込んでいます。

奥さんや友人からは、「この暑いのに・・・」と揶揄されております(^^)

ランニングは、ある意味、黒田武稔にとってのライフワークともいうべきもので、語り始めると長くなるのですが、大きな大会にはできるだけ参加するようにしており、今年に入ってからは、100kmマラソンという、山の中を縦走する過酷なマラソンにも参加してきました。

マラソン

それぐらい、黒田は走るのが好きだ!ということではなく、実は、その準備が好きなのです。

街中を走るのと違い、山の中を走るということは、倒れても助けてもらえないという危機感と隣り合わせ。そのために、体をその日に向けて整え、慎重に体調と相談をしながらでなければ、挑戦することすらできない過酷なレース。

その緊張感が、どうやら私にあっているようで、はじめて参加してからすっかりはまってしまいました。そういえば、もうじき24時間マラソンですね。黒田武稔も参加したいです。

それと、黒田武稔のプロフィールとは逸れますが、私の妻は猫のブリーダーをしています。

子供の頃から動物が大好きだった黒田武稔ですが、現在、我が黒田家には、なんと猫が11匹もいます。

猫アレルギーの人には少々厳しい環境かもしれません(笑)。

そういえば、クロネコヤマトの猫のロゴが、「猫は、ひとたび子猫の首を加えたら、何があっても絶対離さない。という、サービスへの責任感やコンセプトを打ち出しているというのは有名な話ですよね。

クロネコ

実際、黒田武稔家にいる猫たちも、子育てにはとても熱心です(^^)。

もともと日本に猫はいなかったとも言われていますが、古代エジプトあたりから史実に残る飼い猫とは、現在のアビシニアンに近い種だったそうで、現在もアビシニアンは高貴な猫として人気があるようで、黒田武稔宅にも、2匹のアビシニアンがいます。大会で優勝する由緒正しい血統だと、ン十万、場合によってはン百万円もする猫がいるそうで、びっくりしてしまいました。

アビシニアン

黒田武稔はもともと猫よりは犬派だったのですが、幸いにも猫アレルギーが無かったおかげで奥さんと結婚することが出来た、ということで、アレルギーなく生んでくれた両親に感謝です。

黒田武稔おすすめブログ

今の自分を変える法